カテゴリー
未分類

猫を飼うのに必要なこと

ペットショップに行くと可愛らしい猫がたくさんいます。

どの猫も小さくて可愛いですが、わたしがよく行くペットショップでは案内板のところに保護猫のお知らせや、家の前で野良猫が赤ちゃんを産んでいたのでとりあえず保護したけど困っているので飼ってくれる人募集などの案内もありました。

 

わたしはこちらの案内板で、困っている人がいていずれ保健所で殺処分と思うと、こちらで猫を貰った方がいいのではないかと思いました。

書かれていた番号に連絡をして相手の方もありがとうございます!!助かります!!とかなり嬉しがってくれました。

 

勿論それだけでは相手も譲ってはくれません。

 

LINEを交換して、とりあえず猫が飼える環境であるかの確認をされました。

家はどんな家か写真を撮り、猫が飼えるようにゲージや餌や家や水を飲む容器などを揃えたらまた連絡をくださいと言われました。

 

初めは正直細かい人だなと思ったのですが、調べてみると動物をいい人ぶって引き取ってその後虐待をしたりする人もやっぱりいるとのことだったので、相手側さんもわたしが猫を飼うに値するのかを探っていたのだと思います。

 

とても納得ができたので、できる限りの情報を相手側にお伝えしました。

今まで犬しか飼ったことがなかったので猫の知識は正直なくて、一生懸命本を買って勉強をしたり、プラスでキャットタワーやハンモック、猫が高いところで遊べるように棚を作ったりもして相手方にご連絡をしました。

 

認めてもらい相手方が実際に家を確認するために猫を連れて家までわざわざ来てくれました。

 

猫をお預かりして、その時にした約束が、きちんと予防接種を打たせること、そして打たせた証明書を送ることと、飼ってからしばらくはどんな様子が写真を送るということでした。

 

わたしはここまで猫を大切に思ってくれる人から頂いたのでより一層大事にしようと思いました。

 

それからの生活は楽しくてしょうがなく、猫は体調が悪い時には寄り添ってくれ、ツンデレが激しくて、新発見が沢山ありました。

 

写真をたくさん送っていたら、相手の方にとても大事にしてくれているのが分かったのでもう連絡なくても大丈夫ですとお墨付きを頂きました。

これからも猫たちと楽しく生活したいです。

 

クアトロえびチーズ 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です