カテゴリー
未分類

犬はあなたの家庭内の順位を見ている!「こいつは俺より下だ」

「ママの言うことは聞くの?、俺の言うことは全く言無視する」
ひょっとしたらあんたの愛犬がそんな風ではありませんか?
それは、ひょっとしたらあなたのことを「こいつ、俺より順は下だ」と思われているかもしれません。

実は大昔、犬は群れで行動する動物で、その群れのかなに毅然たる序列があったのです。
kじょこの序列があったからこそ群れとして統制が取れた行動ができ、生存競争を勝ち抜いてきたのです。
その本能が犬にはまだ残っており、本能的に序列をつけているのです。
これは生まれたての子犬でもすでにその本能は備わっています。
生後4~5週目には、生まれた子犬の兄弟の中にもすでに順位づけが始まり、母犬に甘えたり食事をするう順番も徐々に決まってきます。

これは人間に対しても同じで、新しく家族の一員として加わった犬は、その日常生活の中で家族を観察し、
家族内のそれぞれの人間の順位
そして、
その中でのその犬自身の順位
を決めていきます。
たとえば家族とその医務自信を含めた中でそのジュにが
1位 ママ
2位 パパ
3位 幼い弟
4位 自分(犬)
5位 中学生の姉
という風に決めチェ檻、それに従って犬はこう度いうするのです。
誰の命令に従い
誰の目入れには無視する
そんな行動はこの順位からきているのです。

また犬は自分に優しくよく遊んでくれる人間を自分より上と順位付けします。
ですから
あまり犬と遊んでくれない忙しいパパの目入れにはまったく従わずに、
よくその犬を遊んでくれる幼い息子の言うことは聞くことになるのです。

また、間違った飼い方をするとその犬自身が家族の中で一番偉いと錯覚してしまう場合もあります。
幼犬時代に甘やかしすぎて育ててしまうと犬自身が人間は自分より下の順位とみてしまうのです。

犬にとって自分より下の順位の人間に命令されるのは大きなストレスです。

こんな視点でゆうことを聞かない愛犬に接してみてください。きっと家庭内の順位付けに納得するかもしれm線。
犬は実に細かく人間を観察していおるのです。
老犬 夜泣き 死期

カテゴリー
未分類

その「こだわり」ってただの「執着心」じゃないですか?

どんなに頑張っても結果がともんまわないことって、仕事の現場ではよくあることです。
戦国武将が天下を制するのは
地の地
時の利
人の利
が必要だといていたような気がします。

だからこそ時に諦めること
勇気ある撤退も必要なんです。
無理なものは無理
それはいくら頑張ったとしてもです。
しかし、今 諦めたら今までの苦労が無駄になる・・・
そんなこだわりがあるからこそ、いつまでも諦められずにしがみついてしまうがちです。

しかし、ビジネスの世界は
「結果を出してナンボ」
の世界です。

また、一度は好業績を上げても、さらに次はもっと高い成果を求められます。
自分の苦労してただ気出した成績も、会社の上司たちは次はもっと大きな成果を望んでくるでしょう。

時には勇気ある撤退をする。
今までの努力を時にはドブに捨てる覚悟も必要な時があります。

こだわりを捨てないと身も心もボロボロになってしまいます。

冷静に客観的な視点でいつも自分自身を見直してみてください。
今までの苦労はわかります。
しかし、それって「こだわり」ではなくただの「執着心」だけではないか?
今のまま突き進んでも結果は同じではないか?
しっかりと見極めなくてはなりません。

改善点が見つからない?
なにがわるいのかもわからない?
そんな状況ではいったん撤退するのも良い気分転換です。

意外とがむしゃらにやっている時より、いったん添いの仕事や業務などから離れた時にこそ、その時には見えなかった欠点やヒントが見つかるものです。
目の前のことに執着するあまり、大きな視点で物事が見れなくなることは人間よくあることなんです。

そして、よく囚われるのが「過去の成功」体験です。
以前にうまくいったやり方や方法
それがいつまでも続くとは限りません。
世の中の流れは常に大変化しています。
常に新しいやり方や新しいサービス 新しい商品がどんどん出てきているのです。

ダメだ・・・
そう見極めたのならあっさりと次のことにチャレンジしてみるのも重要です。
高齢者 見守り ネット環境なし

カテゴリー
未分類

自分の家の庭にお墓を作りたい

「お墓を粉具名に砕いてから海に撒く散骨」
「綺麗には野作木の下に埋める樹木葬」
そんないろいろなお墓御スタイルも増えてきた現在において
「お墓に関することは本当に自由に決めてもかまわない」と勘違いする人も増えてきました。
そこでご主人を無くされた奥様なら
「うちにはそこそこ大きな家なので広い庭がある。
 だから毎日お参りができるように亡くなった主人のお墓を建てることはできないのかしら?」
と考えるかもしれません。
実際に墓石屋さんにそんな相談もあったくらいです。
————————————————
実は遺骨を決められた場所以外に埋葬することは立派な法律違反なんです。
遺骨の埋葬は法律で厳しく決められているのです。
墓地、埋葬等に関する法律第2章第4条
埋葬または焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない。
———————————————-

つまり国から簿ととpして認定を受けた場所以外に勝手にお墓は作れないンドエス。
しかも墓地として認可を受けるには相当難しいことで現実的ではありません。
ですから結論は
「いかに自分の土地であるお庭でも勝手にお墓は作れない」
ということになります。

地方の山奥には家先に墓石があるところもありますが、そこの場所は国が墓地として認めている場所です。
この法律が施行された時にすでにあったお墓なのでしょう。
お墓に関する自由度は高くなってきてはいますが遺骨の取り扱いには法律で厳しく制限されていることは知っておいてください。
海に遺骨を撒く散骨でも、いわだギリギリのグレーゾーンの取り扱いです。
「許可はしていないけれど罰っしはしない」
極めてあいまいな所でもあります。
もちろん山への散骨も同じです。
樹木葬も、あそこはきちんと来ぬから墓地霊園として認可と受けているのです。

お墓はきちんと国から認可している場所でしか作れないことは知っておきましょう。
長男 墓 継がない

カテゴリー
未分類

おむつ交換車者でのトイレ介護という現実

老人ホームではひとりでトイレに行ける方もいれば、そうでない方もいます。
今はどこの老人ホームも要介護度の高い方を積極的に入れている
(そうじゃないと経営が成り立たない)
ので、ほとんどの人はひとりでトイレに行けない方ばかりだと思います。
そうなるみみなさん」オムツということになりあmす。

老人ホームなどでの介護の現場ではひとりひとり個別にバラバラでオムツ交換よりも、ある決まった時間に一斉にやることも多いです。
そんな時には山車(だし)というかリヤカーみたいなオムツ交換車の出番です。
それにオムツやタオル、清掃布、お湯を入れたポット
さまざまな物を積み込んで順番に回ってゆきます。

悲しいことにそれに合わせてトイレをする利用者さんもいるのです。
寝たきりの体の不自由な利用者さんでも、頭はクリアーな方もいます。
そんな方ほど前の方のおむつ高悪寒が終わるのに合わせて自分のおむつの中に用を足すのです。
やっぱり濡れたおむつは気持ちが悪いですから、その時間を少しでも短くするための知恵なのでしょうか。
職員の介護方法に入居者のほうが合わせてくれているわけで、少し悲しい現実ですよね。

このおむつ交換については介護施設の方もいろいろと知恵を絞ってきた経緯があります。
介護職員たちの集まりではオムツ交換の回数についてもいよく話題にのぼります。
1日のおむつ交換の回数を4回から5回に1回だけでも増やすと他の介護施設からは「すごい」と言われるのです。
おむつ交換のために利用者さんを一斉に起こして、一斉にオムツ交換をします。
そうでもしないと他の介護の仕事に支障が出てきてしまいます。
介護の仕事はおむつ交換だけではないですからね。

しかし、それではおむつを外してトイレに座らせて自力で用を足たせるようになる努力をするという発想は欠落してしまいます。
効率を優先するあまり、どうしてもそのあたりはおろそかになってしまうのです。
「寝たきり」は「寝かせきり」からともいわれますが、難しい問題です。
介護職 やってられない