カテゴリー
未分類

レモンサワーはみんな焼酎と炭酸とレモンなのにどうしてこんなに味が違う?

最近のレモンサワー缶の任期はすさまじいものがあります。
メーカー各社もこぞって特色のあるレモンサワー缶を販売しています。

しかし、レモンサワー缶
気hごん的にはレモンと炭酸と焼酎だけなのにどうしてこんなに味や飲みやすさが異なるのでしょうか?

①心地よいアルコール度数
レモンサワー缶のアルコール度数
これもいろいろタイプがあります。
5~7%の程よいレモンサワー
ガツンとくる8~9%のレモンサワー
逆に3%程度に抑えた低アルコールのレモンサワー^もあります。
しかも焼酎だけでなくウォッカをベースに作られているモノもあります。

②レモンへのこだわり
レモンサワーの生命線はなんと言ってもそのレモン果汁です。
一口にレモンサワーといっても、レモンの使い方が各社それぞれこだわっています。
レモン果汁の隙間からほのかに感じるほどよい甘さやホロ苦さ
そのために各社レモンを
絞ったり
皮を丸ごと潰したり
総うい工夫しています。

③レモンが出す飲みやすさ
レモン果汁を加えているからこそ、レモンサー感は飲みやすいお酒になっています。
まるでジュースのようでもあります。
ビールやハイボールが苦手な女性でも、このレモンサー感粗ゴクゴクっといけちゃうんです。

④甘さとの調和
お酒の苦さ
レモン果汁のほのかな甘さ
そのバランスがレモンサワー缶の味を決めてしまいます。
レモンのほろ苦さとい酸っぱさと甘み
このバランスが絶妙なのです。

その中でも砂金人気急上昇中がアルコール度8~9%と高めのストロング系のレモンサワー缶です。
甘くて飲みやすいのにアルコール度数は高い。
金欠な若者や家飲みでは、手っ取り早く酔えるということも魅力なのかもしれません。
私が好きなのは宝酒造の「タカラXANチューハイ」です。
ウォッカベースのレモンサワーがある中、やぱり日本の焼酎で作られているところがわたしにはポイントが高いのです。

お値段もビールに比べたら割安。
さらにストロング系のレモンサワーならすぐに酔える。
言うことなしです。
焼酎 シークワーサー 作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です