カテゴリー
未分類

動物界とはかなり異なる人間のセックスの特殊性

動物界のおけるセックスは生殖活動です。
しかし、人間の場合セックスは単なる生殖活動だけではありません。
祖のみでは動物界のセックスと人間に置けるセックスは大きく意味合いが異なるのです。

他の動物は発情期(交尾期)というものがあります。
その時期じゃないとメスはオスを受け入れないのです。
ところが人間は基本的にはいつでも?どこでも?セックスは一応可能といえます。
まあ、女性からすればムードがないと無理というかもしれませんけどね。

動物ならば発情期(交尾期)であればオスもメスも暗黙の了解で接合して子供を作ります。
ところが人間はいつでも?どこでも?セックスは可能だが、相手の気持ちも重要な要素になるのです。
しかも目的もいなく無節操な場合も多いのです。
ただ「ヤリたい!」というだけで相手の了解を得ないでセックスを迫ることがあるのです。
特に男性の場合、いったんスイッチが入って興奮してしまうとブレーキが利かなくなることもあります。
その結果、女性の気持ちを無視してコトに及んでしまうので、時に犯罪にまで発展してしまうのです。

その点では、動物のほうがセックスはお互いの気持ちを大事にしているといえるかもしれません。
人間のセックスの場合、かなり複雑な方代が絡んでいます。
もちろん動物も人間もセックスは子孫を残すことが大きな目的です。
でも、それだけなら人間社会にだけ少子化という問題は起こりません。
子孫を残す目的だけでなく、それ以外に
「欲求を満たす」
「相手を満足させる」
目的もあります。しかし第一に「自分」というものがあります・

そもそも人間とは男(オス)と女(メス)の気持ちをピタリとパわせるのがとても難しい生き物なのだから、その前提に立ってセックスを考えなくてはいけません。
つまり、無理な所を合わせていくために、ムード作りなどの雰囲気も大切ですし、セックスに至るまでの過程もとても大切なのです。
それらはいつでもできる人間のセックスだからこそ課された成約なのです。
立たない 旦那

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です