カテゴリー
未分類

耳鳴りの人に多い電話の話し方|片方の耳だけで聞いていないですか?

仕事などで一日中ひっきりなしに電話で話しているという方も多いでしょう。
そんな方に確認して似て欲しいのが「いつもどちらの耳に電話を当てています以下?」というさひ鵜t門です。
実は多くの方がいつも同じ耳に電話を押し当てて話しています。
そうすると片方の耳だけに多くの負担をかけているのです。
そして、そんな片方の耳だけで集中して電話をかけている人に耳鳴りで悩む方も少なくありません。

ですので電話で押し当てる耳は意識してで左右交互にすることをおすすめしますy。

手にも利き腕というものがあるように、耳にも利き耳というものがあります。
ですので、最初はとうしてもいつも使っていない耳に電話を押し当てて花ひていると聞き取りずらく感じるかもしれません。
でも、そこは我慢して慣れなければなりません。
右利きの人で右手でメモを取るにはどうしても、必然的にどちらかの耳に電話機を押し当てなければならないこともありあmす。
そんな時は、メモを取る時だけ電話機を押し当てる耳を後退させればいいのです。

利き耳だけにだけ頼って耳を酷使し続けていると、耳の疲労度にもイカや寄りが出てきます。
これが耳鳴りの遠因にもなりかねません。

もしもまわりから「電話の声が大きい」と指摘されたことがある方なら特に気を付けましょう。
どちらかの耳が聞こえにくくなってきている超子言うかもしれないからです。

これは電話機だけでなくイアホンにも同じことがいえます。
片方の耳だけ酷使しないことが大切です。

また意識的に耳を休ませてあげることも大切です。
日頃酷使している耳を休ませr津ために、休憩時間は静かな場所に行って休憩する。
それが無理なら2分でも3分でもいいから耳栓をしtれ音を遮断してみることもいいでしょう。
意外と耳を休ませてあげると、その後の聞こえははっきりと聞こえて改善していることに驚くはずです。
耳も疲れる
このことをしておくだけでも、耳鳴りはかなり完全されるかもしれません。
ナリピット どこで売ってる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です